株式会社アーバントラフィックエンジニアリング

ビューポール(高所撮影装置)

ビューポール(高所撮影装置)
(設置・撮影事例)

ビューポールは、振り出し構造のポールを使用した 高所撮影機材です。証明柱や標識柱に添え付けて、最 大10mの高さからビデオ撮影ができます。重量4.9kg のポールとコンパクトに収納された付属品で、簡単に 高所撮影ができます。

ポール本体と付属品が収納された ジュラルミンケースで1セット。 一人で容易に持ち運びができます。

ビューポール(高所撮影装置)

ビューポール ≪可搬式全天候型高所ビデオ撮影装置≫
国土交通省 新技術情報提供システム  KETIS KT-100047号/特許 第4008021号

特長
●最大10mの高さから撮影。広範囲、高精度解析が可能
●地上作業のみで設置 。高所作業車不要
●省スペース(1×2m)で設置
●リモコン操作で画角設定
●目立たない  自然な状態を観測
●防滴仕様で雨天も対応
●電源は乾電池のみ
●人手で持ち運び可能
●安全、低コスト
調査事例
●交差点方向別交通量の判読
●単路部・多車線区間での交通量判読
●渋滞発生要因や走行軌跡の分析
●自転車・歩行者の速度・走行位置の判読、危険な挙動の分析
●橋梁上部工・下部工の損傷状況や塗装劣化状況

▲TOP

道路管理画像やIRIを活用した 道路施設の効果的な維持管理のご提案

道路管理画像やIRIの活用

車載カメラにより10mピッチの画像を撮影します。映像ではなく 画像(Jpeg)であるため処理が簡単です。画像1枚1枚 に位置情報もあり、GISで地図上へのデータ添 付も可能となっています。
※当システムは西日本高速道路エンジニアリング中国株式会社が 開発したものです。

❖ 沿道状況
防護柵、歩道構造、植栽状況、切土盛土、斜面状況、家屋及び施設、看板

❖ 案内施設
案内標識、規制標識 、道路照明、電光表示板 、信号施設、誘導表示類

❖ 画像とビューアーソフトについて

[システム1]道路管理画像システム

これがあれば簡単にお探しの場所の画像を確認できます
場所名、KPの表示も可能で検索が簡単!

このような業務に利用出来ます
道路交通センサス・道路状況調査 、道路台帳沿道画像システム(歩道計画・安全施設計画・維持管理システム) 、沿道景観調査(景観計画等)

[システム2]IRIプロファイリングシステム

世界で利用されている評価指標で 道路の修繕計画を!
道路の縦断プロファイル(道路の凹凸)を測 定し、画像でその凹凸を確認!効率的な修 繕計画を立てることができます。

このような業務に利用出来ます
路面状況評価調査 (路面整状、道路アセットマネージメント、経年変化状況)

▲TOP

ドローンでの空撮(準備中)

2017年12月04日「無人航空機の飛行に係る許可・承認書」を取得しました(詳細は準備中です)

▲TOP

事業所一覧

ページのトップへ戻る